ホーム  >  今、どんな競売物件が有るか知りたい

不動産競売システム

競売物件の調査・選定から入札・明け渡し、落札物件の販売・管理まで全てにおいて支援いた します。

不動産競売は、様々な理由で住宅ローンや事業資金の借入返済を長期滞納して、返済できな かった債務者や担保提供者(連帯保証人)が所有する不動産を裁判所が債権者(金融機関) 等の申立てにより、差押え競売して売却し、債権者はその売却代金により配当を受け、弁済に 充当する一連の手続き・制度です。 不動産競売は、債務者や担保提供者の意思を無視して、強制的に差押・売価します。 金融機関等の不良債権処理により膨れ上がった不動産競売が、隠れたハイリターンを生む可 能性があります。 ケースによっては一般市場価格よりかなり安価で購入できる可能性があり、10%以上の利回 りを見込める収益ビルや収益マンションも数多くでてきます。 また、個人が居住用として購入する場合も一般市場価格よりも安価で購入できます。

手続きの流れと解説

競売物件の情報提供・選定

競売情報より、お客様のニーズに適した物件を抽出し、現地調査のうえ物件所在地の環境や、将来の都市計画構想の有無など、地域特性・物件特性を判断し、相場(市場価格)とその変動予測をなし、又、近隣の宅建業者への確認はもちろん、近傍地所有者からの周辺の評判などの聞き込み調査のうえ物件選定をします。

適切な入札価格のご提案

買受価格が取引事例、及び収益還元により、お客様の損益上適正妥当かどうかを判断しながら、価格のご提案をいたします。
現行金利水準及び現行家賃から、今後の動向調査などを経て、物件の将来における補修費等のメンテナンス経費の予想を立てて、入札価格のアドバイスを提供します。

諸手続きの代行

入札書類の作成・手続き代行、及び関連行政機関での権利関係の調査、閲覧、また過去の開札データをもとにした購入予算書の作成、引渡し命令の申立て、立会い及び収益物件による賃貸継承の手続きなどの業務代行をします。

占有者(貸借人)との明渡し交渉

占有者との明渡し交渉や引渡命令の実施をします。 不法占有者、不良賃借人、正常賃借人など占有権限の調査、判断のもと今後の賃貸借の関係においての交渉と明渡し手続きをします。

落札物件の管理・販売

買受物件につき、補修等本体・設備のメンテナンスのチェックや見積もり・施工まで買受物件の維持管理をします。 転売・再販目的で買受したお客様には販売計画に基づき販売活動を実行します。

ご相談

  • 総合不動産情報サービス
  • 土地を有効活用したい
  • ローンの返済を何とかしたい
  • 今どんな物件があるか知りたいr
  • プロのネットワーク

ページトップへ